日本最大級の中古車情報サイトカーセンサー

 

 

カーセンサーの車検検索は、五十音順、都道府県からの検索はもちろんのこと、郵便番号やメーカー、車種からお住まいの地域の車検対応のお店を探す事ができます。 その数はなんと500店舗以上! 車検の事ならカーセンサーnetにまかせれば安心です

 

 

新車、中古車情報満載のカーセンサーのWEB版中古車情報サイト「カーセンサーnet」は、国産車・輸入車の最新中古車情報満載です。車のカタログ情報、自動車保険、自動車ローン、買取、車検、廃車、車選び、購入のノウハウなど、車の購入、買い替えにまつわる情報をお届け!皆様のお得・納得の中古車探しをカーセンサーはお手伝いします。

 

 

カーセンサー(Car sensor)は1984年に創刊された日本の中古車情報誌です。リクルートが発行しました。月刊または隔週刊です。サイズは創刊当初はA4判中綴じでしたが、その後情報量が増えてB5判の無線綴じとなりました。2008年7月3日のリニューアル以降はA4判に変型しました。それまで「古車情報」や「別冊ホリデーオート」のような中綴じが中心だった日本の中古車情報誌に厚みのある平綴じと販売店に関わり無く統一されたフォーマットを持ち込んだ中古車情報誌として登場。このスタイルは先に「中古車情報通信」という名で創刊していた『Goo』等にも踏襲されました。創刊当初は全国版のみでしたが、1980年代後半までに関東版と関西版に分割し、2009年2月現在、関東版、関西版、東海版、北海道版、東北版、茨城版、群馬版、栃木版、静岡版、北陸・甲信越版、中国版、四国版、福岡・佐賀版、大分版、長崎版、中・南九州版の16誌が発行されており、価格、発売日はそれぞれ異なります。2011年1月には、オリジナルキャラクターとして「カーボくん」が登場しました。

会社名 株式会社リクルート
住所 東京都中央区銀座8-4-17
電話番号 03-3575-1111

 

自分の車を中古車として売るのであれば、少しでも高く売りたいですよね。
その時に気になるのが車検の残りです。
皆さんは、車検切れが近い車は安く買い取られてしまうと思っていませんか?
実際、車検切れの近い車と、車検を通したばかりの車では査定額が同じのはずはありません。
でも、その差額と言うと、それほど大きな差はないようですね。
結論から言うと、高額の費用がかかる車検をわざわざ通して車を売るのは、逆に損する事になると言う事です。
買取業者はその道のプロです。私たちが車検を普通に通すより、格安で車検を通す事ができるわけです。
ですので、あえて車検を通してから売ることはないと考えて良いのではないでしょうか。
車検切れが近い車を車検を通してから売るよりも、普段から車の整備や点検に費用をかけている方が、中古車を高く売ることができるといえるでしょう。
車検の次に気になるのが、車のオプションを外した方が、中古車を高く売る事ができるのであろうかということでしょう。
オプションについては、オプションがメーカー純正のものか否かがキーポイントです。
高額な純正オプションであれば、査定額はアップします。
当然、外さない方が良いでしょう。
しかし、純正でないものや純正であっても標準価格のオプションは評価の対象になりにくいので、外した方が高く売れる場合もあります。
オプションを取り外すのにもお金がかかります。
オプションが査定額にどの程度影響するか見積もりを出してもらい、その上でオプションを外すべきかどうかを検討すると良いのではないでしょうか。